『結婚式・葬式・お祝いの慶弔電報(祝電・弔電)情報館』では、結婚式、お葬式、お祝い事といった慶弔時に必要な、あるいは喜ばれる電報(結婚式では祝電、お葬式では弔電)について情報を発信しています。 電報とは、読んで字のごとく「電信」を利用して「情報」を配達することです。電話が一般に普及するまでは、緊急の時の連絡手段として重宝されていました。 現在のような、電話・Fax・携帯電話・インターネットが普及した世の中では、かつてのような電報の利用価値は無くなりました。 しかし、今は電報には他の大切な役割があります。 現在の電報の主に活躍する場面、それは、「冠婚葬祭」です。 結婚・誕生日・各種記念日などを祝う「慶祝電報」、訃報に接した時の「弔慰電報」です。 電報は、人生の何らかの節目を迎えた相手の方に、あなたの真心を届ける言葉のギフトです。

目上からの祝電の文章・文例

年齢を重ねるに従って社会での自分の立場が変わってくるように、招待された結婚式での自分の立場というものにも段々と変化が出てきます。
友人として、同僚として、部下として、上司として、等々立場が生じてくるでしょう。

どのような立場であれ、せっかくの結婚式の御招待にあいにく出席できない場合には、礼をつくしての対応が求められる訳で、その対応の一つとして祝電を送るということがあります。

ただ、祝電の文章には、自身の立場による分別ある文章が求められるのはいうまでもないでしょう。


自分が目上の立場となる場合、自分のその立場を貶めず、また、門出を迎えたお二人への先輩としての思いやりを感じさせるような文章が理想です。
また、少しはオリジナリティも出したいという気持があるのは無理からぬことでしょう。
そうなると、どんな文章にするか頭を悩ませることになってしまいます。

一つの方法として、よくある文例の短めのものをピックアップして、それにオリジナルの語句または文章を付け足すというものが考えられます。

比較的短めの、目上からの祝電の文例を三つとりあげてみます。

1)御結婚を祝し末永く幸多かれと祈ります。
  (ゴケッコンヲシュクシスエナガクサチオオカレトイノリマス)
2)華燭の盛典を祝しご多幸をお祈りします。
  (カショクノセイテンヲシュクシゴタコウヲオイノリシマス)
3)ご結婚おめでとう、この喜びをいつまでも。
  (ゴケッコンオメデトウ、コノヨロコビヲイツマデモ)

これらの文章に、オリジナルの語句または文章を付け足すというのはどうでしょうか。目上という立場上、人生訓的なものでもよいとは思いますが、思い出の場面や職場での場面などからのものでホノボノとしたものもよいと思います。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.xn--ols13nj3b494g.com/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)