『結婚式・葬式・お祝いの慶弔電報(祝電・弔電)情報館』では、結婚式、お葬式、お祝い事といった慶弔時に必要な、あるいは喜ばれる電報(結婚式では祝電、お葬式では弔電)について情報を発信しています。 電報とは、読んで字のごとく「電信」を利用して「情報」を配達することです。電話が一般に普及するまでは、緊急の時の連絡手段として重宝されていました。 現在のような、電話・Fax・携帯電話・インターネットが普及した世の中では、かつてのような電報の利用価値は無くなりました。 しかし、今は電報には他の大切な役割があります。 現在の電報の主に活躍する場面、それは、「冠婚葬祭」です。 結婚・誕生日・各種記念日などを祝う「慶祝電報」、訃報に接した時の「弔慰電報」です。 電報は、人生の何らかの節目を迎えた相手の方に、あなたの真心を届ける言葉のギフトです。

結婚式・葬儀に電報を送る

どんな時に電報を送るか、という事を考えた時、まず思い浮かぶのは「結婚式」と「葬儀」でしょう。結婚式の場合には「祝電」を送り、葬儀の場合には「弔電」を送ります。

結婚式も葬儀も、その場に駆けつけるのが一番なのは明白ですが、どうしても出席できない時はあるものです。せっかくの結婚式の御招待、または、届いた悲報に、あなたが出席することでこたえられないのは心苦しい事ですが、やむを得ない事情が起こってしまうことも人生のうちにはあるものです。

そんな時には、「失礼ながらあいにく私自身は出席できませんが、せめて気持ちだけでも・・・」という意味を込めて送る電報が役に立ちます。相手の方の人生の節目にあなたの気持ちを込めた電報を送りましょう。

また、そういった時に電報を送るというのは、現代社会において礼儀となっている面も見逃せません。いたしかたなく出席できないと判断した時には、早速電報の手配をしましょう。

「あなたの真心」と「礼儀」を伝えてくれる電報です。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.xn--ols13nj3b494g.com/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)